「風の少女エミリー」 第14話「海辺のピクニック」| ホーム | 「風の少女エミリー」 第12話「世界にひとつの詩」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風の少女エミリー」 第13話「マレー家のクリスマス」

アニメ「風の少女エミリー」レビュー。
原作とアニメの違いをあげていきます。


エミリー、クリスマスパーティの手伝い
<アニメ>
・デザートの準備の手伝いを頼まれる
<原作>
・パーティが始まるまで詩を書いていた
 (準備を手伝った記述はない)

スケートで遊ぶ
<アニメ>
・エリザベス、エミリーのスケートを禁止する
・エリザベス「マレー家の女性は危険な遊びはしない」
・イルゼ「湖で、テディがスケートしようって」
・イルゼ「うちなんて何も言わないけどな」「私のことなんか、興味ないんだよ」
・エミリー、エリザベスとの約束を破ってイルゼ・テディとスケート
<原作>
・エリザベス、ニュームーンの女の子がスケートをするのを許さなかった
・テディ、イルゼとエミリーをかわるがわる誘い出してすべらせた
・エリザベス、バーンリ医師の「外で眠らせたほうがいい」発言をあくまでも言い張ることを心配する
・エリザベス、「日中はエミリーを外に出して、エミリーの健康に良いと思われることは何でもやらせるから」と医師をなだめた
・エリザベス、結局エミリーがスケートをするのを許可する

エミリーの扱い
<アニメ>
・エリザベス「この子の教育のことで、何か言うのはやめてもらいたいわ、ルース」
・エリザベス「この子は、マレー家の子」
・エミリー「私、嬉しかったんです。あんなに意地悪だと思っていたエリザベスおばさんが、私のことを家族だと、マレー家の一員だと言ってくれたこと」
<原作>
・エリザベス「お願いしますけどね、ルース、あんたとウォレスはその子にかまわないで、そっとしておいてくださいな」
・エミリー、どうしても、自分の耳を信じることができなかった
 (エリザベスがそんなことを言うなんて…)

ナンシー大おばさんその1
<アニメ>
・ナンシー大おばさんあての手紙(ラブレター)を出してくる
<原作>
・ナンシー大おばさんの恋人が送った古い詩を出してくる

エミリーのクリスマスプレゼント
<アニメ>
・ルース、辞書を贈る
・「それを頭っからしっかり読んで欲しいものだよ、エミリー。つづり間違いばっかりしてそうだから」
・手袋をもらう
<原作>
・ルース、新約聖書を贈る
・「エミリー。毎日、それを少しずつでも読んで、いつか読み通すまでそれを続けたらいいと思うわ」
 (エミリー、新約聖書全部を10回も読んでいる←すごっ)
・ウォレスおじとエヴァおばから手袋をもらう

ちょっと余談(ネタバレかも?)

今回の話でローラが「バーンリ家も親類」と言っており、ここで初めてエミリーとイルゼが親戚であることが明かされます。
(遅っ!)

「風の少女エミリー」、バーンリ医師(イルゼの父)がイルゼに無関心な理由、イルゼの母は? など、イルゼの家族についての話はいつ描くんだろ?

スケートのエピソードは、原作ではクリスマスパーティの話とは別の話。

原作では、エミリーがマレー家のクリスマスパーティに参加したのは、エミリーがニュームーンに来た次の年のクリスマス。
エミリーがニュームーンに来た最初の年のマレー家のクリスマスパーティは、オリバーの家で行われましたが、ジミーが風邪を引いたため、エミリーはジミーとニュームーンで留守番をしていました。

・エミリー、デザートの準備の手伝いの時間を忘れてスケートに夢中
・エミリー、スケートをした罰として部屋で反省
・エリザベス「約束を守れないような子は、パーティに出すわけには行きません」
・ルース、友人(キャサリン←アニメオリジナル)を連れてくる
・キャサリン、エミリーを引き取ると言い出す
・プディングからいろんなものが出てくる(イギリスの習慣)
・ジミー、木をデコレーションする
・テディ、エミリーにクリスマスプレゼント(ブックカバー)を持ってくる
・エリザベス「約束は守らなければならないものなのです。
 それが、人との約束であっても、自分自身とした約束であってもです」
・エリザベス、エミリーがジュリエット(エミリーの母)の部屋で寝ることを許可する

これらのエピソードは、「風の少女エミリー」オリジナル。

「風の少女エミリー」ではクリスマスプレゼントの場面でエミリーはもらってばかりですが、原作では、エミリーは、ペリーとテディにハンカチ(テディにあげたほうが少し上等って、やっぱりエミリー、テディのことが…)、イルゼにはヘア・リボンをあげています。

原作では、晩さん後、エミリーとイルゼは台所でゲームをして遊びます。
ジミーはエミリーとイルゼがタフィー(お菓子)を作るのを手伝います。
また、晩さん→夜食後、ウォレスが「亡くなったマレー家の人々のことを思おう」といい、そのあとでみんなで手をつなぎ「蛍の光」を歌っています。

ペリーは、ストーブパイプタウンに住んでいます。
なぜストーブパイプタウンと呼ぶかというと、原作では、家々にレンガ造りの煙突がなく、屋根からパイプが突き出ているから、とペリーがエミリーに教えています。


次回 第14話「海辺のピクニック」


アニメ情報局 新作・人気アニメを徹底分析!

風の少女エミリー 感想


Amazon
風の少女 エミリー VOL.4
風の少女 エミリー VOL.4

楽天
風の少女エミリーDVD



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「風の少女エミリー」 第14話「海辺のピクニック」| ホーム | 「風の少女エミリー」 第12話「世界にひとつの詩」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。